BLOG

板図という物があります

2016年5月3日|カテゴリー「BLOG
板図
大谷です。
今回初めて板図という物を見ました。

日本家屋など在来工法で施工する前に、大工の棟梁が書く図面です。
設計図を元にし、柱梁などの部材の位置や大きさ、その他大工工事に必要な色々を書いてあるそうです。

板に墨で書いているので、少々の雨風ならへっちゃらです。
何十年もこうして残っています。

しかし墨で書ききる集中力と、矛盾の無い構成力に恐れ入ります。

外構工事をしています。

2016年1月26日|カテゴリー「BLOG
IMG_10021
1月22日より東温市で外構工事をしています。土地が100坪あまりある為、結構な日数がかかります。まず、基礎回りから始めてます!通常50坪~60坪あたりが平均的な土地の大きさですが、倍近くあるという事は金額も倍近くかかってしまいます。外構工事は凝れば凝るほど金額が増します。金額を抑える為、凝った外構にはしません。それでも十分だと・・・・。私は個人的にコンクリート&砕利の組み合わせが好きですね
コンクリートをベターと一面にしてしまうと重たい感じしますが、少し工夫を加えると、シンプルモダン的に変身です。
今回は、広い敷地なので、今後敷地内をどのような物に仕上げるか?大まかには決まっていますが、お施主様に任されている分、責任は大きいです。だいぶ、ドキドキです。
IMG_10031
工事中に雪が降りだし、あっと言うまに雪景色になってしまいました
なんか、山の雪景色をみると、ロマンチックな気持ちになります。
これって、私だけでしょうか?

カウンターを取替えています

2016年1月18日|カテゴリー「BLOG
before
旧木製カウンター
大谷です。
カウンターを取替えています。

流し上部の木製カウンターです。
毎日水跳ねがあり、傷みが激しいです。

木は水気ですぐに腐食してしまいます。
グラグラでは子供も危険に晒されます。
vertical
after
新SUS製カウンター
ステンレス製のカウンターに取替えました
これなら水がかかったままでも平気です。
しっかりと固定されているので、何年でも大丈夫です。

水気に耐える木材としては桧やヒバがありますが、保育所で小さい子が直接触れる事を考慮し、
より耐久性のあるステンレスとしました。
長く安心して使って頂けると思います。

物置を設置しています

2016年1月15日|カテゴリー「BLOG
物置設置作業状況
大谷です。
物置を設置しています。

物置本体は日々進化していますが、設置の時に変わらない注意点があります。
それは物置本体をいかに固定するかという事です。

●まず地面がしっかりしている事。
 土でも可能ですが、重量で傾くようでは×です。
●次に基礎を作る事。
 物置の水平は基礎で取ります。
 正しい基礎でフレームを支えると、本体も長持ちします。
 床下の通気で湿気を逃がします。
●最後にアンカーで確実に固定する事
 正しく固定されれば、どんな強風でもズレません。
 洪水時にも流されません。

破風板にキシラデコールを塗っています

2016年1月8日|カテゴリー「BLOG
キシラデコール塗布完了
大谷です。
破風板にキシラデコールを塗っています。

破風板は桧ですが、防腐・防カビ・防虫のために木材保護塗料を塗ります。
木目を活かした、自然な仕上がりになりました。

この材料は、複数回塗り重ねて仕上げます。
その時に注意するのが塗り重ね乾燥時間なのですが、これが意外と長いです。
キシラデコールの塗り重ねは、翌日まで待ちましょう。

屋根の葺き替えをしています2

2016年1月7日|カテゴリー「BLOG
アスファルトルーフィング施工作業状況
大谷です。
屋根の葺き替えをしています。

コロニアル屋根からガルバリウム鋼板屋根にやり替えです。
写真はアスファルトルーフィングの施工作業状況です。

アスファルトルーフィングとは防水シートの1種で、アスファルトの粘着質が隙間を無くして防水します。

下地は健全であるか、穴や破れは無いか、重ね巾は適切か、留め方は正確か、声を掛けながら確認します。

砥部で上棟をしています

2015年12月19日|カテゴリー「BLOG
P1030916-e1450837394715
大谷です。
砥部で上棟をしています。

この日は天気に恵まれて、気持ちよく上棟できました。
敷地も広々していて、資材の搬入もスムーズです。

建築工事は、環境の影響でスピードが大きく変わります。
環境に応じて対策を考える訳ですが、良い環境には素直に感謝の気持ちです。

屋根の葺き替えをしています

2015年12月18日|カテゴリー「BLOG
ガルバリウム鋼板屋根
大谷です。
屋根の葺き替えをしています。

鋼板屋根の特徴の1つに、水捌けの良さがあります。
摩擦と継目の少ないツルツルとした鋼板表面が、雨をさらりと流してくれます。

ところが深夜に降ったであろう雨雪あられが凍り付き、デッコボコになっていました

すぐに溶けて流れましたが、なかなか衝撃的でした。

F 様邸新築工事 

2015年12月16日|カテゴリー「BLOG
KIMG22611
森川です。

  

         外周りの工事も完了まじか           


KIMG22641
     


     ;がさいさい降るので、なかなかしまいができません。


       天気続いてくれマッチョ

M様邸外溝工事

2015年12月15日|カテゴリー「BLOG
KIMG22511
土間コンクリート工事終わり

縦横ラインで中に化粧の砕石を詰めましたー

カーポートも存在感ばっちり
KIMG22521

高低差がかなりある敷地だったのでアプローチからの階段にひと手間かけました。
KIMG22381
レンガを丁寧に貼り付けてしまいしています。

気温が低いのでモルタルがなかなか乾きません

      

石綿含有建材の撤去作業をしています

2015年12月8日|カテゴリー「BLOG
耐アスベスト装備
大谷です。
石綿含有建材の撤去作業をしています。

石綿、すなわちアスベストです。

石綿製品は、その性状や飛散性の度合いによって、3つのレベルに分けられます。
今回はもっとも扱いやすいレベル3です。

石綿作業主任者と、石綿取扱作業従事者特別教育を修了したメンバーで、正しく確実に安全に撤去作業をしています。

仮設トイレを設置しています

2015年12月4日|カテゴリー「BLOG
仮設トイレ
大谷です。
仮設トイレを設置しています。

新築でも改修でも、ほとんどの現場で仮設トイレを設置しています。
その置場にも、けっこう気を使います。

何かの邪魔にならないか
水平に置けるか
固定はできるか
近隣の迷惑にならないか
出入り口の向きは良いか

工事の途中で移動させることもあります。
工事の途中で汲取りすることもあります。

倉庫の取っ手を直しています

2015年12月2日|カテゴリー「BLOG
before
倉庫の取っ手1
大谷です。
倉庫の取っ手を直しています。

こんな倉庫をよく見かけます。
痛々しいですね。
horizontal1
after
倉庫の取っ手2
倉庫の部品は、そのパーツをピンポイントで指定して取り寄せることができます。
(生産を終了していなければ)

今回は右側の取っ手1個のみを取り寄せました。
意外と安いので、お気軽にどうぞ。

配筋検査をしています

2015年11月30日|カテゴリー「BLOG
配筋検査
大谷です。
基礎の配筋検査をしています。

鉄筋の種類は良いか
配置は良いか
ピッチは良いか
定着長さは良いか
かぶり厚さは良いか

扉の調整をしています

2015年11月25日|カテゴリー「BLOG
扉の調整をしています
大谷です。
扉の調整をしています。

開閉する時に、枠と扉上部が擦れていました。
摩擦で重い上にうるさいです。

建物本体のたわみで、枠が下がってきています。
すでに調整できる範囲を超えていました。

枠の化粧カバーの一部を取外し、有効を稼ぎます。
さらに扉上部を削り、扉が僅かに小さくなりました。

いずれは扉をオーダーメイドで作り変えるか、建て替えになります。

M様邸外構工事

2015年11月21日|カテゴリー「BLOG
KIMG21091


 コンクリート4.5㎥  打設完了しました。

 この時期は、コンクリートが乾かないのでなかなか帰れませんよ

  仕上げは刷毛引します。


F様邸新築工事進捗具合

2015年11月21日|カテゴリー「BLOG
KIMG21201
玄関の納まりもかっこよくできました。

後は、軒天の塗装次第でいろんな表情が作れそうです。

下屋のはちまきは外壁と色を変えてアクセントとして仕上げています。
KIMG21191
    雨がこれからの時期少し増えるのが心配です。

キッチンのカランの取替をしています

2015年11月20日|カテゴリー「BLOG
台付水栓
大谷です。
カランの取替をしています。

水がポタリポタリと出続けて止まらない状態です。
よく見ると、付け根にも滲んでいます。

パッキンの消耗か、本体の擦り減りが考えられます。
今回は十分に年数が経っていたのと、安いカランがすぐに用意できたので、カラン本体の取替としました。

水漏れというのは特に気になるものです。
ストレスにもなるので、早めに相談してください。

フローリングを張っています

2015年11月13日|カテゴリー「BLOG
ノンワックス床材
大谷です。
フローリングを張っています。

今回はノンワックスタイプのフローリングです。
その名の通り、基本的にワックス不要です。
光沢が長持ちし、手入れ要らずで楽ちんです。

ノンワックス専用ワックスという物もあるので、光沢が薄れてきたと感じたら、こちらを使いましょう。

F様邸新築工事 床張り

2015年11月12日|カテゴリー「BLOG
KIMG20511
          ノンワックスの床板を丁寧施工しています。

      
scroll-to-top