松山城に登りました

松山城の石垣
大谷です。
連休中に松山城に登りました。
東側から歩いて登るルートです。

色々と見所の多い松山城ですが、私が注目するのは石垣です。

写真の石垣は、大体同じくらいの大きさの石で、横の線が揃うように積んでいます。接合部は叩いて成形し、隙間を小さくしています。
天守に近い所は、石の切り方がより綺麗な直線になっています。

横の線を揃えると積む技術が単純になり、多くの作業員が施工できますが、揃い過ぎると強度がやや落ちます。
接合部の面積を大きくしてすき間を小さくする事で、全体の強度を上げています。
更に斜めに積み上げているのは、地震の多い日本の石垣の特徴だそうです。
scroll-to-top