外壁のシールの打ち替えをしています

シール打ち替え
大谷です。
外壁のシールの打ち替えをしています。

はっきり申し上げまして、シール材は必ず劣化します。
シールが切れる日が必ず来ます。

紫外線・酸性雨・寒暖・下地の動き等、切れる原因はいくつもあります。
そして時間の経過でも劣化して切れます。

新しい建物ならシールが切れても水が浸入しない工夫がされていますが、古い建物では単純にシールだけに頼っているケースも多いです。

建物本体の寿命にも関わる可能性があるので、シールの異常にも敏感になって頂きたいものです。

繰り返しになりますが、きちんと施工していてもシールはいずれ切れます。
切れて問題がある場所と、切れても問題のない場所が存在します。
scroll-to-top